【海外旅行】むしろ行きたくなる?訪問を歓迎してくれない10の国

シェアする


多くの国にとって観光は経済的な金脈になり得ますし、実際ほとんどの国は観光客を両手を広げて歓迎してくれています。
でも世界の中には、観光客を受け入れない方が自分たちに都合が良いとしている国もいくつかあるのです。

10 Countries That Don’t Want You To Visitではアメリカや世界中の多くの国々に対してドアを閉ざしている10の国が紹介されていました。
アメリカと日本では国際事情が異なる部分もありますが、拒否されると怖いもの見たさで余計に行きたくなる(?)10の国々を見てみましょう。

サウジアラビア


サウジアラビアでは全ての観光客に対して合法の国民(不法滞在者ではない正式なサウジアラビア国籍を持った人という意味)を保証人につけることを求めています。
また、きちんと保証人をつけることができた場合でもビザがおりる保証はありません。申請手続きが大変厳しいからです。

イラン


1979年にアメリカ大使館人質事件が発生したイランでは、その影響からアメリカ大使館がありません。
ワシントンDCにあるパキスタン大使館を通してイランのビザを入手することはできますが、団体旅行者の一人として行動する旨を明らかにする必要がありますので単独行動は難しいでしょう。
※参照元の記事に寄せられたイラン人の方のコメント
「政治的には敵対関係にあるけどイラン人はいつでも皆さんを歓迎していますよ。イラン政府はこれらのことを課して米トランプ政権が行っているイラン人の入国制限に対抗しているんです。いずれにしても私たちは世界の中で一人ぼっちではありませんよ」

北朝鮮


北朝鮮は全ての旅行者に対して、入国の前に全てがパッケージされた(時間や訪問先などがあらかじめ決まっているという意味です)旅行への予約を求めています。また、滞在中は全ての時間を北朝鮮側のガイドと共に過ごすことが要求されます。
またアメリカ国内には北朝鮮の出先機関が少ないですから、北朝鮮への旅行を予約する前にまずは中国へ行く必要も出てきます。

シリア


シリアは紛争の最中にあります。仮に紛争があなたのシリア旅行への情熱を削がなかったとしてもビザの入手そのものがほとんど不可能と言ってもいいでしょう。シリアのビザを入手するには複雑な手順を踏まなければなりませんから、観光客はビザが認められるか否かをずっと待ち続ける事態に直面します。

キューバ


キューバと米国との関係は僅かずつ和らいできていますが、キューバの美味しいサンドイッチやカリブ海を求める人すべてがキューバ行きの飛行機を予約できるわけではありません。まだ旅行の規制が厳しいからです。
公的な理由があって訪問することを証明できなければ、キューバへの旅行自体を長い間待ち続けることになるでしょう。

ソマリア


たいへん多くの海賊がソマリア近海をうろついているのが知られていますが、これだけでも観光を避ける理由には十分ですね。
たとえ上手に海賊の目をすり抜けられたとしてもソマリアを訪問するためには後援者と招待が必要になるでしょう。

アンゴラ


アンゴラが訪れたい国の一つになっている場合には、行けるかどうかわかる前からこの旅行には莫大な出費が必要になることを認識しておきましょう。ビザの申し込みが可能となる前に、まずは申し込みに対する謝礼金と招待に対する謝礼金(要するに賄賂)を払う必要が出てきます。
アンゴラを観光する場合はこれらが終わった後に飛行機のチケットとホテルを予約しましょう。

中央アフリカ共和国


2014年現在、中央アフリカにはアメリカ大使館はありません。すべてのアメリカ人観光客はフランス大使館を通して入国を申し込む必要があります。
車両による国境通過は非常に厳しく制限されていて、特にチャド共和国との国境は封鎖状態であること、アメリカ人には会いたくないという雰囲気の飛行機に乗ることになること、この二つのことを考慮しておきましょう。

リビア


リビアとアメリカは21世紀の大半関係が悪く、2014年には在リビアのアメリカ大使館が閉鎖されました。ビザがないので、アメリカ人はこの激しい分裂状態の国を訪れる方法はほとんどありません。でもたぶん訪れないのがベストだと思います。反米感情が強く、また犯罪率も高いですから。

アルジェリア


アルジェリアは観光客に対して、到着前に旅行中の支払い能力を証明することを求めてきます。アルジェリアを観光する場合はまずホテルを予約し、次に宿泊証明書を受け取ることになります。この手順を踏んでから現地の旅行代理店と必ず連絡を取り、苦労しつつ招待状を受け取ります。それからようやくビザを申し込めるようになるのです。

参照元10 Countries That Don’t Want You To Visit

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。