引き寄せの法則の「既にある」が納得できない!じゃあ納得できるように説明してみます!

シェアする

さぁ想像力を働かせよう!想像は仮想現実。仮想現実にちょい足しすれば現実!の記事で、想像力から現実を作り出す方法を紹介しました。
次に出てくる疑問は「じゃあその現実とやらは何処にあるの?」ということではないでしょうか。

過去・現在・未来を整理しておこう


本来は「今ここ」しか存在しません。
過去・現在・未来を考えること自体がどうでもいいことなのですが、地球上には時間という概念が存在する以上、仕方ありません。

僕らは「今ここ」この瞬間にしか生きられません。
過去というのは、過ぎ去った「今ここ」を「今ここ」から眺めていることになります。
未来は、まだ来ていない「今ここ」を「今ここ」から眺めています。
過去も未来もひっくるめて、ありとあらゆる現実が同時に存在している場所が「今ここ」なんです。

「今ここ」は無数の現実が同時に存在している場所


仮にAとB、2つの選択肢がある場合。
その瞬間には、Aを選んだ場合の現実とBを選んだ場合の現実が同時に存在しているのでしょうか?
答えは当然存在している、です。

どちらを選ぶかはあなたにかかっています。
Aの現実は存在していて、Bの現実が存在していないとすれば、あなたはBを選択した瞬間に現実を失うことになります。
そんなことはあり得ません。

「今ここ」という場所は無数の現実が同時に存在しています。
あなたは、意識的にせよ無意識にせよその選択肢からどれかを選んでいるのです。
その選択を繰り返した結果が、あなたの「今ここ」です。

あなたにとって嬉しい現実をたくさん散りばめておこう!


あなたがどんな選択をしようとも、「現実」が途絶えてしまわないように無数の現実があなたに選ばれることを待っています。

あなたは、自分が嬉しいと思う現実を想像力と愛によってどんどん作り出してください。
遠慮することはありません。
どの時点の「今ここ」でどんな選択をしても、あなたの好きな現実ばかりになるくらい散りばめておけばいいのです。
現実を作り出すときに役立つ考え方はこちらの記事に記載しています。

さぁ想像力を働かせよう!想像は仮想現実。仮想現実にちょい足しすれば現実!
引き寄せの法則を活用する手段として、理想の姿を想像するイメージング。 こんなことが実現したらいいな!こんな素敵な体験をしたいな! そんな...

その現実が、過去にも「今ここ」にも無いのなら置場所は1つしかありません。
どこかの時点の「今ここ」に選択肢として必ず登場することになります。
やはり、その現実は「既にある」のです。

「受け取りを許可する」の意味


現実を作り出す方法はわかった。
それがどこに存在するのかもわかった。
ならば、あとはそれを受け取るだけです。

引き寄せの法則で「受け取りを許可する」という表現を聞いたことはありませんか?
あなたの作り上げた「現実」はどこかの時点の「今ここ」に選択肢として置かれています。

それを「現実」として体験するには、それを選べばいいのです。
他の選択肢もある中で、それを受け取ることを選ぶ。
受け取りを許可するとはそういうことです。

あなたの直感を信じて!


あなたが作った、あなたにとって嬉しくて楽しくて幸せな現実。
どこかの時点の「今ここ」にそれが選択肢として現れたとき、気付かなかったらどうしよう?

大丈夫。
あなたがワクワクして作った現実ですもん。
それがあなたに届けられようとしているとき、あなたが気付かないはずありません。
ちゃんと直感や感情があなたに知らせてくれます。

それでも、運悪く見逃してしまったら?
それも大丈夫。
だって、あなたのためだけに用意されている素敵な「現実」ですもん。
その現実は消えたりしません。

宅配便と同じように、一度持ち帰りになるだけ。
いつだって、あなたに受け取ってもらえるのを待っていますよ。

【あなたの欲しい現実は、どこかの時点の「今ここ」に既に存在している】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。