【引き寄せの法則】未来は僕らの手の中!想像は仮想現実。仮想現実にちょい足しすれば現実!

引き寄せの法則を活用する手段として理想の姿を想像するイメージング。
誰もが一度は考えたことがあるであろう「宝くじが当たったら」という想像を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
宝くじが当たったらまずはローンを返して、新しい車を買って、そうだ南の島へ海外旅行にも行こう!
現実的なことや夢のあること全部ひっくるめて想像してみる。
考えるだけで楽しくなってきますし、人によって意見が違ったりしていて面白いですよね。

実は引き寄せの法則のイメージングもそれと大差ありません。
しかし熱心にイメージングを続けているのにちっとも現実が変わっていないとすれば、あなたのイメージングが宝くじが当たったらレベルの妄想で終わっている可能性が高いです。
でも大丈夫!想像に”アレ”をちょい足しすればすぐに現実になりますよ!

想像は仮想現実を作る手段


人の持つ優れた能力の1つが想像することです。
超イケメンの自分、めちゃくちゃ可愛い美人ちゃんな自分、モテモテで毎日ハーレムな自分、すんごい大金持ちの自分。
どんな自分も想像の中で作り出して疑似体験することが出来ます。

頭の中では既に叶ったような感覚になって体験した気になれるけど現実には体験していない。
想像の中の体験は仮想現実の世界といえます。

自由に仮想現実を作り、それを疑似体験できる想像の世界。
それをコンピュータで行おうとしたら、どれだけのスペックが求められるでしょう。
人の想像力ってとてつもなくスゴいものなんですよ。

想像を仮想現実で終わらせるのはもったいない!


可愛いあの子とムフフ…そんなエッチな仮想現実だって、想像力を働かせれば簡単に疑似体験できてしまいます。
そして、多くの人がそこで満足したり諦めてしまうのです。

けど、ちょっと待って!仮想現実と現実の違いってなに?
もしかして仮想現実から「仮想」を取り除けば現実になるんじゃない!?

その通りなんです。
想像力で作り上げた仮想現実は、現実にすることが出来るんです!

仮想現実には「アレ」が無いから仮想なんだ!


仮想現実と現実の違いはなんでしょうか?
意外と答えはシンプルです。
仮想現実は現実ではありません。
なぜかというとリアリティーが不足しているからです。

現実にはあって、仮想現実には無いリアリティー。
それはズバリ「実感」です。
実感、つまり実際に感じること。

実感があるかないか。
それが現実と仮想現実の差です。

仮想現実に実感が伴えば現実!


人の持つ高度な想像力によって造り出された仮想現実の世界。
しかし、そこに実感が無ければ仮想現実は仮想のままです。
せっかくの想像が「妄想」で終わってしまうのです。

想像が作り出す仮想現実の世界と、あなたが体験している現実の世界は、遠く離れているわけではありません。
紙一重のところに存在しています。

その間にある紙を突き破るのが実感です。
引き寄せの法則において「現実であるかのように想像する」とか「既に叶ったように振る舞う」という風にリアリティーを求めるのは、仮想現実から仮想を取り払うための手段なんです。

想像は創造である


人は常に何かを考えながら生きています。
意識的に考えていることもあれば、無意識のうちに考えていることもあります。
どちらにせよ、人間の想像力には創造力があります。
常に思考が現実を創り続けていることを忘れないでください。

せっかく同じ時間を使って想像するのなら、実感を加えて現実を創造してください。
宝くじが当たったらっていう妄想と同じぐらい気楽に楽しく想像してください。
瞬間瞬間に想像することが現実を創造していくのですから。

【仮想現実に実感を加えれば現実となる】

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。