【Change the World】第8章~人生は壮大な勘違いである。


願望を叶えるとはなんでしょう?僕らは願望を叶えるという目標に向かって、懸命に努力してきました。その努力の結果、叶った願望もあるし、まだ叶っていない願望もあるでしょう。

叶う願望と叶わない願望の違いはどこにあるのでしょうか。なぜ叶うと信じているのか、そして簡単に叶えることができるのか。逆になぜ叶わないと信じているのか、そして叶えることが難しいのか。

ここには前章で触れた「価値の差」が関わっています。あなたが既に叶えている願望は「自分」と比べて価値が低いか、価値が同じと捉えているものです。一方、まだ叶っていない願望は、願望の対象と自分の価値に格差があると捉えています。

あなたにとって、その願望の難易度はどれくらいでしょうか。「ちょっと努力すれば手の届くレベル」でしょうか。それとも「逆立ちしても届かないレベル」でしょうか。はたまた「雲を掴むような話レベル」でしょうか。

あなたはその願望が「今の自分のレベル」と比べて「ちょっと努力すれば手の届くレベル」とか「逆立ちしても届かないレベル」とか「雲を掴むような話レベル」と判断していますが、その根拠はどこにあるのでしょう。

ではまず、あなたが「うまくいった」ときのことを思い出してみましょう。かなり初期のどこかの段階で「もしかするといけるかもしれない」という、非常に些細な「勘違い」が必ずありますから、丁寧に記憶を辿ってみてください。

それは恋愛の願望であれば「目があった」とか「誰に聞いてもいいようなことを、あえて私に聞いてきた」とか、缶ジュースをくれたとか、お土産をくれたとか、自分にだけ何かをしてくれたとか、見過ごしてしまいそうなぐらい小さな小さな勘違いです。

後から聞けば、それが本当に勘違いであったとしても関係ありません。後日、本人にそのことを聞いてみたら「そのときはそんなつもりはなかったよ」ということでも構わないのです。

うまくいった後で見てみれば「バカみたい」と思うような最初期の小さな勘違いには、あなたの現実を変えていく強力な力が潜んでいます。その小さな勘違いの方向によって、良い方へも悪い方へも転がっていくのです。

さらにそれが願望であった頃へ記憶を辿ってみてください。そこにもまた小さな勘違いがあるはずです。「私と彼ではとても釣り合わない」「彼氏がいるから無理だろう」「好きな人がいるらしい」「私には興味がなさそうだ」などです。

うまくいった後から見れば、それらは全て勘違いであり、あなたの思い込みであったことがわかるでしょう。願望であったときのマイナス方向の小さな勘違い。そして、その方向を少しだけ変えたプラス方向の小さな勘違い。

過去の願望実現の記憶を辿ってみると、そうした些細な勘違いが事態を好転させたり悪化させたりしているのがわかります。あなたの現在地は、どこかの地点の勘違いから生まれた思い込みの結果と言えるのです。

願望の最初期に持った最初の小さな勘違いは「自分にはできないだろう」という思い込みです。その時点ではできないと思っているのですから、それは願望として抱くこととなります。

その願望に小さな小さな光が見えます。ほんの些細な「もしかするといけるかもしれない」という勘違いの光です。それが僅かながらも事態が好転していくきっかけとなります。

確信はないけれど、もしかするとそうかもしれない。その予感は結果的には当たっていることもあるし、外れていることもあるでしょう。けれどそれでいいのです。

(この記事の続きは有料で公開しています)
https://note.com/changetheworld_n/n/n75c9b9b28077

【お知らせ】
これまで書いてきた集大成として、1冊の本を完成させるイメージで現在執筆を行っております。
これまで当サイトで記事を読んでくださった読者の方には申し訳ございませんが、新規記事は全て有料公開とさせていただきます。
なお、過去記事を削除する予定はありませんが、加筆修正または現在の認識と異なる表現があった場合は文章の削除等、リライトを行う可能性がございます。あらかじめご了承ください。

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。