【Change the World】第5章~願望を諦めることの意味。


願望実現において「願望を諦める」とか「願望を手放す」といった表現を聞いたことがありませんか?素直に受け取れる人はいいのですが、反発してしまいたくなる人の方が多いのではないでしょうか。

願望を諦める、あるいは願望を手放すとはどういうことを意味しているのでしょう。そして、この諦めるという言葉を聞いたときに多くの人に生じるであろう「願望を諦めるということは、好きなものを選択して実現することはできないのか」とか「やはり人生は思い通りにならないものなのか」といった一抹の寂しさを払拭する答えはあるのでしょうか。

願望とは「理想と現実のギャップを埋めたいという欲求」です。これは前章で説明した部分なのですが、この世界はできると認識していることは「現実」、できないと認識していることは「願望」として現れています。

「理想的な状況だ」あるいは「理想と現実のギャップは埋められるだろう」と思うことは、あなたの世界に既に現れているか、間もなく現れることを確信できているでしょう。

一方で、理想と現実のギャップがあまりにも大きく感じているときは、そのギャップを埋めたいという願望として現れることになります。

あなたが自分の現状を見て、こんな風に感じたとしましょう。
「そうであってほしくない」「そんな風に考えたくない」「そんな目で見たくない」「そうは思いたくない」「こんな思いはもうしたくない」「こうでありたくない」。

こういった現状の不満にスポットを当てたささやかな希望の中に、重要なヒントが隠されています。先の例に挙げた現状の感じ方は全て「そうであるとは認めたくないけど、残念ながら現実はこうである」ということを暗に肯定しているのです。

これを願望実現に置き換えれば「こうでありたくない」という不満を基にした願望と「でも現実はこうだ」という現状の認識がせめぎ合っている状態ということになります。

このとき、「こうでありたくない」の方をなんとかしようとするのが一般的な願望実現の捉え方ですよね。「非モテでありたくない」「貧乏でありたくない」「不幸でありたくない」。だからこれらを「モテる」「お金持ち」「幸せ」に変えようとするアプローチです。

もちろんそうした「こうでありたくない」をひっくり返すこともできますが、もう一方の「でも現実はこうだ」の方をひっくり返すことできないものでしょうか。どちらをひっくり返しても、理想と現実のギャップが埋まることに違いはないのです。

願望を持っているということは、理想と現実にギャップがあることは容易に理解できると思いますが、ではそのギャップを生んでいる原因はなんなのでしょうか。

これは愛でもお金でも同じなのですが、このギャップは不足感から生まれています。けれども、漠然と不足だけ感じているのかというとそうではありません。比較対象がなければ不足を感じることはできませんから、必ずなにかとの比較が根底にあるはずです。

(この記事の続きは有料で公開しています)
https://note.com/changetheworld_n/n/nfe0689ec49d9

【お知らせ】
これまで書いてきた集大成として、1冊の本を完成させるイメージで現在執筆を行っております。
これまで当サイトで記事を読んでくださった読者の方には申し訳ございませんが、新規記事は全て有料公開とさせていただきます。
なお、過去記事を削除する予定はありませんが、加筆修正または現在の認識と異なる表現があった場合は文章の削除等、リライトを行う可能性がございます。あらかじめご了承ください。

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。