【Change the World】第1章~ダメな自分でも構わない。


Change the World 第1章

「この目で見たものしか信じない」

一見当然のように思えるその感覚が、願望実現の鍵を握っていると知ったらあなたはどう思うでしょうか。
「この目で見たものしか信じない」と言っているのは思考ですが、それが既に矛盾していることに、あなたは気付くことができたでしょうか。

「この目で見たものしか信じない」ということは「目に見えないものは信じない」ということです。
わかりやすく言えば、物質として存在しており実体のあるものは信じるが、物質として存在しておらず実体のないものは信じないということになります。

では思考は物質として存在しているでしょうか?形のある目に見えるものでしょうか?
「目に見えないものは信じない」と言いながら、「目に見えないものは信じないという思考」を信じているのはどうしてでしょう。

「この目で見たものしか信じない」という思考は、ちょっと考えてみると結局は「目に見えるもの(物質)も、目に見えないもの(思考)も信じている」という矛盾を抱えているのです。目に見えるものと、目には見えないもの。果たしてそのどちらを信じればいいのでしょうか。

たとえば、あなたが視界に捉えている映像の中に犬が現れたとしましょう。このとき、もしあなたの思考が「犬だ」と認識しなかったらどうなるでしょう?
不思議に聞こえるかもしれませんが、その犬は存在しないことになります。

では「犬」という認識がなければ何が存在することになるのでしょう。「何かの動物」でしょうか。では「何かの動物」という認識がなければ何が存在することになるでしょう。「何か動くもの」でしょうか。では「何か動くもの」という認識がなければ…。

このことが何を言わんとしているかというと「目の前に広がっている映像は、自分がそれを認識しなければ何も存在できない」ということです。
映像を「自分」が見ているとき、人はそれを現実と認識しているのです。

鏡をみると「自分」は見えるでしょう。けれど、鏡の中にいる者を「自分」としている根拠まで見えるでしょうか。そして「自分」の思考は目に見えますか?鏡に映った何かを「自分」としている根拠は何なのでしょう。そしてそれは誰が決めたものなのでしょうか。

「自分」という認識の根拠も、その「自分」が考えているはずの思考も、目には見えない実に曖昧なものなのです。少し妙に聞こえる言葉ですが「自分」というものは「自分」が思っているほど確かなものではなく、目には見えない認識が作り上げた曖昧なものだったのです。

まだ合点のいかない方は次の質問をしてみてください。
「もし自分がいなくなったら現実は存在するだろうか?」
シンプルにあなたがこの世からいなくなってしまった、つまりは死んでしまったと仮定してください。そのときあなたの現実は存在するでしょうか?

少々不謹慎な例えではありますが、こんなケースで考えてみましょう。あなたは苦しみの果てに自ら命を絶つことに決めました。
あなたは心の中でこう呟きます。
「いっそのこともう死んでしまおう。そうすればもう何も考えなくていい。もう苦しまなくていい。今日でこの辛い現実を終わりにしよう」

この世を去る準備をしながら、これまでの人生が走馬灯のように頭の中を駆け巡り…。と、そのときあなたにふと素朴な疑問が湧き上がります。
「ん?ちょっと待てよ?そういえば当たり前と思ってたけど、どうして自分が死んだら辛い現実が終わることを知っているんだ?一度も死んだことがないのに…」

そうです。人は誰でも最初から知っているのです。自分がいなくなれば現実もなくなるということを。それは裏を返せば「現実は自分がいるから成立する」ということであり、もっと言えば「自分が現実を作り出している」ということを知っている証拠でもあります。

それは疑問にも思わないほど当たり前の仕組みとして、ずっと以前からあなたの中に組み込まれていたのです。自分が現実を作っているからこそ、辛い現実を終わらせる手段として、作り手である「自分」を消そうとするのです。

あなたはもう一度、先ほどまで自分の中にあったセリフを繰り返しました。
「いっそのこともう死んでしまおう。そうすればもう何も考えなくていい。もう苦しまなくていい。この辛い現実を終わりにしよう…ん?」

「俺はもう何も考えたくないから死にたいのか?どうして何も考えなくなると苦しまなくなることを知っているんだろう?どうして考えることと苦しむことが関連しているんだ?」

そうです。あなたは「私の考え」が苦しみを生んでいることも知っているのです。現実を作っている自分という存在、その自分の考え、その考えから発生した感情、それらが苦しみの原因であることをあなたは最初から知っています。

「自分がいるから現実があり、自分がいなくなれば現実がなくなる」そして「自分の考えが自分の苦しみの原因である」という当たり前の前提としてあなたが持っているものから考察を進めていきましょう。

さて、先ほどの質問に対するあなたの答えはどうでしたか?
「もし自分がいなくなったら現実は存在するだろうか?」

(この記事の続きは有料で公開しています)
https://note.com/changetheworld_n/n/n6cc3b1f3b25b

【お知らせ】
これまで書いてきた集大成として、1冊の本を完成させるイメージで現在執筆を行っております。
これまで当サイトで記事を読んでくださった読者の方には申し訳ございませんが、新規記事は全て有料公開とさせていただきます。
なお、過去記事を削除する予定はありませんが、加筆修正または現在の認識と異なる表現があった場合は文章の削除等、リライトを行う可能性がございます。あらかじめご了承ください。

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。