【現実の見方】現実はそこにあるが無力だ。なぜなら想念の塊でしかないから。

1.「現実は関係ない」と云われる所以


僕らは自分を「〇〇でなければならない」で縛りつけています。
「いい人でなければならない」「仕事ができる人でなければならない」「慕われる人でなければならない」「愛される人でなければならない」「願望を叶えなければならない」

その最たるものが「私は幸せでなければならない」で、先ほど例に挙げた「〇〇でなければならない」の行きつく先は、「そうすれば今よりも幸せになれる」の一点に集約されていきます。
そのための方法を考え、模索し、あるいは「これかな?」と思うメソッドを実践する。

さて、その結果あなたは幸せになりましたか?

恐らく、この記事を読んでいるということは、まだ幸せを感じることが出来ていないのでしょう。
それもそのはず。幸せを求めたり探したりしているうちは、決して幸せではありません。むしろ最も辛くて苦しい状態です。

ここの理屈はこれまでにも何度もお話しさせていただきましたが、あなたが幸せなら幸せを求めたり探したりはしないからです。
そしてあなたの願望は本来の「幸せになること」から外れて、いつの間にか「願望を叶えて幸せになるために、願望を叶える方法を身につけること」になっていませんか?

探しても探してもそんなものは見付かりません。なぜなら、探すことを止めたときに初めて見えるものだからです。
探しているということは見つかっていないということ。探すことを止めたということは見付かったということです。

願望の対象が手に入らないと幸せではないと考えているなら、それが手に入ったとしてもあなたは幸せではありません。
またすぐに次の願望が芽生えてきます。

あなたの人間性がどうであろうと、どんな現実が展開していようと、あなたは幸せになって構いません。
あなたの幸せを阻んでいるものは、願望と幸せを関連付ける思考です。

「自分の人間性がどうであろうと、周囲の状況がどうであろうと、幸せであって構わない」です。
自分の人間性が魅力的であること、周囲の状況が整っていること、これら幸せの条件と思っている要素とあなたの幸せを関連付けないでください。

それが「現実は関係ない」と云われる所以です。

2.現実はあなたに何もできない


「現実は関係ない」
「今の状況とは関係なく願望を叶えて構わない」
「どんな自分であろうと幸せになって構わない」

幸せや願望実現に対して、現実をどう見るかというヒントを先人たちが残しています。これらの言葉を額面通りに受け取れればいいのですが、なかなかピンとこない方も多いのではないでしょうか。

これらのヒントに共通しているのは、現実はあなたに何ら影響を与えることはできないということです。
あなたは現実とは関係なく願望を叶えて構わないし、幸せになって構わない、愛されて構わない。つまり、現実と願望実現あるいは現実と幸せは全く関連付いていないということです。

現実はあなたの願望実現に何ら影響を与えないし、あなたの幸せに何ら影響を与えません。「現実は関係ない」の意味するところは「現実はあなたに何も影響を与えることはない」ということ。

ですから「現実は関係ない」という言い回しに疑問を感じる方は「現実は何も影響しない」と言い換えても良いです。現実はあるけれども、それはあなたの願望実現を阻んだりしないし、あなたの幸せを邪魔したりなんかしないという意味です。

では改めて問いましょう。現実とはなんでしょうか。
願望実現にも影響していない。幸せにも影響していない。ということは、現実とはあなたの目の前に立ちはだかっているけれど、実は何の影響力も持っていないものということになります。

では、現実の正体を明かしましょう。
現実とは願望実現の塊です。

「そんなはずない!私の願望は何も叶っていない!」
あなたはそう言うかもしれません。けれど、それこそがあなたが現実を誤った視点から見ている証拠です。

あなたはお腹が空いたら何かを食べるでしょう。喉が渇けば飲み物を飲み、テレビを観ようと思って観て、A地点からB地点へ移動しようと思って移動して、この記事を読もうと思って読んでいるでしょう。

あなたの現実はそうしたあなたの「こうしよう」の塊です。

ただの日常動作に過ぎないと感じるものから、あなたが定めている大きな目標に至るまで、現実は全て願望実現の連続です。
「水を飲むことやご飯を食べることが願望実現!?」あなたはそう思うかもしれませんが、「これは実現するんだろうか?」などと考える必要もない日常動作から、「これを実現させることは難しい」と感じる大きな目標まで「こうしよう(願望)→こうなった(実現)」というものは全て願望実現です。

願望実現に難易度の差はありません。一点違いがあるとすれば、難易度が低い(と思っている)願望実現は「こうしよう」と意図しているのに対して、難易度が高い(と思っている)願望実現は「こうなるといいな」と意図している部分です。

あなたは最初から「こうしよう→こうなった」が全てに適用される世界にいます。

ところが僕らには、難易度が高いと思われる願望に対して「こうしよう→そのためにはどうすれば?」と意図する癖が付いてしまっています。
そうなると「こうしよう→こうなった」の法則は適用されません。「こうなるといいな→こうなるといいな→こうなるといいな…」の無限ループ法則が発動します。

そういう意味で、願望を叶える方法というのは存在しません。常に「こうしよう→こうなった」がセットになっているからです。
あえて「叶える方法」と表現するなら、「願望を叶えるには”こうしよう”と意図すれば良い」ということになります。「そのためにはどうすれば?」を介入させずにです。

「そんな小さな違いで本当に願望が叶うの?」
そう思うかもしれません。その根底には「今まで何一つ願望なんて叶ってこなかったのに、そんなことで急に叶うようになるなんて信じられない」という観念があります。

3.あなたは現実に影響される側ではなく、影響を与える側であれ


前章で現実の仕組みは「こうしよう(願望)→こうなった(実現)」の塊であるとお話ししました。
このシンプルな仕組みの中にあなたは生きています。「水を飲もう→水を飲んだ」「ご飯を食べよう→ご飯を食べた」。出来事によっては「こうしよう」と認識していない願望すらどんどん叶っている世界があなたの目の前に展開しています。

けれど、あなたの認識は果たしてそうなっているでしょうか?
「こうしよう(願望)→こうなった(実現)」ではなく「こうなってしまった(現実)→じゃあこうしよう(願望)」と、順序が真逆になった世界に見えていませんか?

「こんなことが起こってしまった」→「このままでは嫌だ」→「こうなるといいな」→無限ループ。

何の影響力もない現実を見てあなたは悩んだり苦しんだりして、その現状を変えようと四苦八苦してきたでしょう。それはまず現実ありきの世界を見て、その世界を何とかしようとしてきた結果です。

現実を見て願望を生む世界から、願望を実現する世界へシフトしてください。そのために現実の正体を見破って、現実ありきの視点を変更してください。
あなたにとっての現実は、今この瞬間にどんどん更新されていることに気付いてください。無色透明の今ここの現実に色を着けているのは他ならぬあなたです。

現実とは色を塗る前の塗り絵のようなもの。あなたの認識がそこに色を塗っています。
ダークも、パステルも、ブライトも、バラ色も、あなたが選んで塗り上げた一枚の塗り絵です。僕らの現実とは、その一瞬の絵を切り取って「こうだ」と言っているに過ぎません。

あなたは現実に影響される側ではなく、影響を与える側であれということです。
「現実はそこにあるが無力だ。なぜなら想念の塊でしかないから」

あなたは、あなたの現実のカリスマであってください。

4.おすすめ図書

神との対話25のコア・メッセージ(ニール・ドナルド・ウォルシュ)

単行本版

神との対話25のコア・メッセージ [ ニール・ドナルド・ウォルシュ ]

価格:2,700円
(2019/3/8 08:48時点)
感想(0件)


電子書籍版

神との対話 25のコア・メッセージ【電子書籍】[ ニール・ドナルド・ウォルシュ ]

価格:2,052円
(2019/3/8 08:47時点)
感想(0件)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
数千ページにおよぶ「神との対話」シリーズの智慧を、1冊に凝縮。あなたの今日を変えれば、世界の明日が変わる。世界的ベストセラーを日常に活かす、こころの実用書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
百万分の一のチャンス/いま、必要な本/問題はシステム/明快でシンプルな説明/二十五のコア・メッセージ/役立たずの信念/窓ガラスに衝突する虫のように/わたしたちは何をするつもりなのか?/あなたはそのひとりではない/否定でもなく、放棄でもなく〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ウォルシュ,ニール・ドナルド(Walsch,Neale Donald)(ウォルシュ,ニールドナルド)
世界37か国で翻訳され、日本でも100万部を超える人気シリーズ『神との対話』の著者。現在は著述業にとどまらず、講演やワークショップを中心に幅広く精力的に活動中

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。