自分の存在価値は、自分が決めていいんだよ

シェアする

他人に褒められれば、やっぱり嬉しい。
他人に非難されれば、やっぱり悲しい。

人と比べないとはよく言うけれど、やはり他人の評価は気になるもの。
けれど、あなたに対する他人の評価は、けっこういい加減なものです。

そもそも他人の評価基準はバラバラ


あなたのことを10人の人が評価をしたら、10通りの評価があります。
なぜなら、それぞれが違う価値観で評価するからです。

お金に価値を置く人があなたを評価すると、あなたはどれくらいお金を持っているかで判断されます。
名誉に価値を置く人があなたを評価すると、あなたはどんな地位に就いているかで判断されます。
外見に価値を置く人があなたを評価すると、あなたは外見で判断されます。

でもこれは、そんな尺度であなたを評価する人たちが悪いのではありません。
あなたのことがわからないから、思い思いの尺度で、何かを基準にして測るしかないのです。

他人の評価は案外曖昧なもの


あなたのことを正確に評価できる他人はいません。
人によって価値観もバラバラ。
だから、どの面を評価するかもバラバラ。
その尺度もバラバラ。
あなたを評価するために、他の誰かを基準にする必要さえあります。

誰かを基準にしてあなたを評価しても、「この面ではあなたよりAさんの方が良い、けどこの面だとあなたの方が良い」
そもそも、そのAさんへの評価すら正しいかどうかわかりません。
なんとも曖昧な基準です。

あなたの全てを知らない限り正確な評価はできない


あなたは、今まで色々な経験をしながら今日という日を生きています。
あなたの人生に起こった全てのことに立ち会ってきた人は、世界中探したってあなたしかいません。

嬉しいことも、悲しいことも、楽しかったことも、辛かったことも。
そのときにどう対処したのか、どう乗り越えてきたのか。
その全てを知っている人はあなた以外にいないのです。

両親でさえ知らないことがあるでしょう。
心を許した親友にさえ話していないことがあるでしょう。
何年も付き合っている家族でさえ「意外な一面」を見るのは、全てを知っているわけではないからです。

あなたを正確に評価できるのはあなただけ!


あなたを正確に評価できるのは、あなたしかいません。
過去の自分と比べて、どれだけ成長したか。
理想の自分と比べて、今はどの位置にいるか。

自分の存在価値を確かめるために、他人に評価されるのを待っていませんか?
他人に評価されるために、自分をよく見せようと無理して頑張っていませんか?

他人の評価は、けっこういい加減なものだし、そもそもいつ評価してもらえるのかもわかりません。
日本人なら「必ず誰かが見ている」と小さい頃から教えられてきませんでしたか?
良いことをしても、悪いことをしても、必ず誰かが見ていると。

けれど、「自分はこんなに頑張っているんだから、誰かが正当な評価をしてくれるはずだ」という考えは、自分勝手な思い込みです。
他人は、あなたを正当に評価するために生きているのではありませんから。

自分の存在価値は、自分が決めていい!


あなたの存在価値は自分が決めていいのです。
自分という絶対的な尺度で評価していいのです。
その方が、ずっとずっと正確な評価ができます。

他人の評価を怖がらないで。
自分と向き合うことを怖がらないで。

あなたが、自分は価値のある人間だと決めてしまえばいいのです。
あなたが自分に下す評価は間違いないのですから。

【自分の存在価値は、自分が決めていい】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。