【心の持ち方】怒る前に読んでみて!あなたが怒る理由は実はとてもシンプル

シェアする

生きていれば様々なことが降りかかってきます。
それは、嬉しいことばかりとは限りません。
ときとして、怒りを感じるような起こってほしくないこともありますね。
あなたが怒りを感じる理由を探ってみましょう。

あなたが怒るのは、どんなとき?


渋滞に巻き込まれてイライラ。
夜に近所の犬が吠えていてイライラ。
無駄口ばかりで仕事をしない同僚にイライラ。

いつも遅刻してくる友達にイライラ。
子どもが言うことを聞かなくてイライラ。
夫が便器のフタを閉めなくてイライラ。

どんなことが起こったときに、怒りのスイッチが入るのかは人それぞれですね。

あなたが怒った出来事がなぜ「起こった」のか原因を探ってみると…


渋滞の原因って何でしょう?
専門家じゃないのでわかりません…。
犬が吠える原因って何でしょう?
これも専門家じゃないのでわかりません…。

同僚が仕事をしない原因は?友達が遅刻をする原因は?
子どもが言うことを聞かない原因は?旦那さんが便器のフタを閉めない原因は?
はい、私は精神科医ではないのでわかりません…。

このように、起こった出来事に対して「それがなぜ起こったのか」と原因を探ろうとすることには、あまり意味がありません。
起こった出来事はそれぞれ、その原因もそれぞれ。

あるときは渋滞の専門家に、またあるときは犬の専門家に、そのまたあるときは精神科医にならないとわからないのです。
これでは対処のしようがありませんね。

案外見過ごしているあなたが怒った本当の原因


あなたが怒った原因は、一見バラバラに見えるけれど実はたった一つです。
原因がたった一つなら、一気にシンプルになりますし対処も簡単になりますよね。

その、たった一つの原因とは、「自分の思い通りにならなかったから」です。

なぜ渋滞でイライラしたのでしょうか?
「渋滞でイライラした」を裏返して見てみると、「気持ちよく走りたかった」とか「早く目的地に着きたかった」という気持ちが潜んでいます。
それが渋滞によって出来なかった、つまり「自分の思い通りにならなかった」のです。

働かない同僚にイライラしたのは、あなたが「みんなが一生懸命働くべきだ」と思っているけれど「自分の思い通りにならなかった」から。
遅刻する友達にイライラしたのは、あなたが「友達同士でも時間は守るべきだ」と思っているけれど「自分の思い通りにならなかった」から。

子どもや旦那さんの例はわかりやすいですね。
やっぱりこれも「自分の思い通りにならなかった」からです。

怒る理由は常に一つ


起こってしまったことに対して怒って、「なぜ」「どうして」と複雑に考え込むのはもうやめにしましょう。
もし原因がわかったところで、時間が遡るわけでもないのです。

あなたが怒る原因は、いつでもただ一つ「自分の思い通りにならなかったから」。
「○○という出来事があったから怒った」のではなく、「○○という出来事があった結果、自分の思い通りにならなかったので怒った」のです。
よく考えれば当たり前と思うかもしれませんが、案外見過ごしているものです。
怒る原因は常に一つと覚えておくだけで、物事の見え方が格段にシンプルになりますよ。

人はつい後付けの理由を探してしまうもの


自分が怒るきっかけとなった出来事そのものは、良くも悪くもありません。
その出来事をどう捉えるかは、あなた次第だからです。
自分の思い通りにならなかったという結果があるから、その原因はこれだと決めているだけに過ぎません。
言わば、後付けの理由を外に探そうとしているのです。

何かに似ていると思いませんか?
「時間が無いからダイエットできない」
「ストレスが無くならないから禁煙できない」
この「○○だから××できない」には、他人から見れば「それとこれと何の関係があるの?」と思えるほど、因果関係が無いことがよくあります。

本当は辛い思いをしてダイエットしたくないから、時間が無いという理由を作る。
本当は辛い思いをして禁煙したくないから、ストレスが無くならないからという理由を作る。
心のどこかで「本当はしたくないだけ」と気付いていても、もっともらしい外的な理由を作れば、自分に「出来なくても仕方ない」と言い聞かせることが出来るのです。

怒った後もそれと同じ。
「俺を怒らせたお前が悪い!」
うん。かっこ悪いですね。

怒りの導火線に火を点けられるのは自分だけ


あなたは、「自分の思い通りにならなかったとき爆発する爆弾」を抱えています。
その爆弾が爆発したときに、あなたが真っ先に責めるのは導火線に点火した誰かです。
一見すると、何も間違っていないように思いますね。

けれど、この爆弾の導火線に点火出来るのはあなた以外にいません。
他人に出来るのは、せいぜいあなたに点火を促すことまでです。
自分で点火したことをスッカリ忘れ、「火を点けやがって!チクショウ!」と騒いでいるうちに、導火線はみるみる燃えていきます。

導火線にオシッコをかけちゃえ!


心をかき乱すような出来事があったとき、爆弾に点火したくなることもあるでしょう。
そして点火してしまったら、誰かを犯人に仕立て上げたくなることもあるでしょう。
そんなときは、導火線がバチバチと燃えていく間に少し冷静になって、靴で踏んづけるか、オシッコでもかけて消してしまえばいいのです。

怒りの矛先が他人に向いているときは、自分を正当化しようとしているときです。
自分が怒る原因は常に自分の中にあることを忘れないようにしましょう。

【怒る理由は常に一つしかない】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。


シェアする