【願望実現】意識を向ければ現実となる!だから世界を美味しく食べよう~炭火焼肉の法則

僕らはこの身体に意識があると思っていますが、意識がこの身体に集中しているのでそう感じるだけです。

意識はこんなちっぽけな身体に収まるようなスケールではありません。身体は空間との境目があるので大きさを測ることができますが、意識は空間との境目がないので大きさを測ることができません。

意識はここにあるとかあそこにあるとかではなく、どこにでも満遍なくあります。自分に偏在しているだけなんです。

1.あなたは意識という宇宙の中にいる


身体のある場所の住所や地名は知らなくても、たとえ宇宙に飛び出したとしてもあなたは「ここにいる」ことを認識しています。これは意識が宇宙全体に広がっていることの証拠です。

あなたの意識は身体の中にあるのではありません。意識の中にあなたの身体があるのです。意識を宇宙全体とするとイメージが湧きやすいかもしれません。

あなたは意識という宇宙の中にいて、特に意識を強く当てている部分を「ある」と認識します。あなたは宇宙のどこにいても、自分に意識を集中させることで「自分が在る」と認識することができるんです。

その証拠に、近所のスーパーで迷子になっても、遥か彼方の宇宙で迷子になっても、あなたは同じことを言います。
「ここはどこ?」
そこら中に散らばっている意識を自分に集中させれば、あなたはどこにいても「ここ」にいることができます。

「ここ」については、こちらの記事でもお話ししていますので興味があれば併せてお読みください。

【引き寄せの法則】「今ここ」の「ここ」ってどこ?願望実現の拠点がここだ!
ちょっとした実験をしてみましょう。 立った状態で視線を真っ直ぐ前、あるいはそれより上に向けてくださ

2.あなたが意識を向けたものが見える


意識は宇宙全体に満遍なく広がっていますが、均一に広がっているわけではありません。意識が強いところと弱いところがあります。

僕らはほとんどの時間「自分」に意識を強く当てていますが、その自分が見ている対象も意識が強く当たっているものと弱く当たっているものがあります。
意識を当てているものは「ある」し、意識を当てていないものは「ない」んです。

例えば下の動画。
白いシャツと黒いシャツを着たチームがバスケットボールをパスします。白いシャツを着たチームが何回パスしているか数えてください。


実はこの動画はパスの回数はどうでもよくて、画面を横切ったゴリラの着ぐるみに気付くかどうかを試す「見えないゴリラ」という錯覚の実験です。
パスの回数を数えるのに夢中になっていると、半数以上の人がゴリラの存在に気付かないそうです。

意識を向けるかどうかで見えたり見えなかったりする現象は、パム・グラウトの著作「こうして、思考は現実になる」の実験の一つ「フォルクスワーゲン・ジェッタの法則」でも確かめることができます。

意識を向けたものはあるし見える。意識を向けていないものはないし見えない。願望実現の原理はこんなシンプルなことなんです。

【願望実現本レビュー】こうして、思考は現実になる(パム・グラウト)
こうして、思考は現実になる 価格:1,836円(2017/11/14 08:17時点)感想(41件)

3.炭火焼肉の法則


あなたは意識という炭火の上に、自分の世界という網を載せて焼き肉を楽しんでいます。様々な素材が用意してあり、好きなものを選んで美味しく食べることができますが一つ難点があります。
意識という炭火は火力にムラがあり、慣れないと調整が難しいのです。

意識が強く集中しているところは火力の強いところです。
あなたの気分がいいときは意識が広く保たれているので、網の上が全体的にほどよい火加減になって焼き肉を楽しむことができます。

悪い気分のときは自分の身に起こっていることに意識が集中してしまいます。意識が自分に向かうことは、「自分」というお肉をいちばん火力の強いところに置いていることになります。

そうするとどうなるでしょう。
あっという間に焦げてしまいますよね。焦げたお肉は身体に悪いし、そもそも苦くて美味しくありません。これがホントの身を焦がすような思いってやつです。そんな人生は身体に悪いし、苦くて美味しくありませんよ。

4.世界中から好きなものを選ぼう!


あなたは自分に意識を向けて自分を存在させているように、世界中から好きな素材を選んで意識を向けることで自分のものにすることができます。
物や現象は勝手にあるわけではなく、あなたが意識を向けるからあるんです。

あなたの意識の向け方によって、ありもしないものがあったり、あるものがなかったりします。
自分に意識を向けすぎて身を焦がしてしまうぐらいなら、何も考えずにボーっとしていた方が100倍マシです。ボーっとしているときは、全体的にジワジワと良い感じの遠赤外線効果が出て美味しい焼き肉が食べられます。

あなたは何を食べたいですか?あなたの目に映るもの、何を選んでも構いません。先ほど紹介した「見えないゴリラ」の動画でもわかる通り、目に見えているということはあなたは既にその対象に意識を向けているということです。

選びたいものが今は目に見えていなくても構いません。一秒前は見えていなかったけど、今は意識を向けたから見えるようになった。そんなことが当たり前に存在するのが意識の世界です。
そりゃそうです。意識を向けるだけですから。

5.美味しい焼き肉のレシピ


1.意識を向けることを特別なことだと思わない。
 →あなたが何かをじっと見ているとき、そこに意識が集中しています。意識を向けることは特別なことではなく、それぐらい簡単なことです。

2.好きなものを焼く。
 →素材はこの世界にあるもの全てです。あなたが焼いてはいけない素材はありません。焼き肉をするときわざわざ嫌いなものを焼かないのと同じです。

3.「ない」に意識を向けない。
 →ないと思っているものに意識を向けすぎると、せっかくの素材が「ない」の炎で真っ黒焦げになります。その素材に意識が向きすぎているときは、他のものに意識を向けて火力を落としてください。

4.意識を向けた瞬間に「これが好き」と言ってください。
 →あなたはその素材が好きだから美味しく食べたいんですから、その素材に意識が向いた瞬間に「これが好き」と言ってください。それ以外のコメントは必要はありません。

5.感情の温度計に注目する。
 →嫌な気分のときは、自分自身を異常な高温部分で焼いているときです。そこに他の素材を乗せてしまったら、どんな素材も一瞬で真っ黒焦げです。高温部分を離れるか、火力が弱まるまで待ってください。ここでの説明は割愛しますが、セドナメソッドなどで消火してしまうのも良いです。

さあ!美味しい焼き肉を食べよう!

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。