【引き寄せの法則】「今ここ」の「ここ」ってどこ?願望実現の拠点がここだ!

ちょっとした実験をしてみましょう。
立った状態で視線を真っ直ぐ前、あるいはそれより上に向けてください。

そうすると、あなたの身体は視界から消えてしまいます。世界中どこを探してもあなたが前を向いたら、あなたは自分の姿を視界に捉えることができません。

あなたの世界からあなたはいなくなってしまいました。このときあなたはどこにいるでしょう?
あなたは自分の姿を視界に捉えていなくても、自分が「ここ」にいることを知っています。

1.「ここはどこ?」の答えをあなたは知っている


僕があなたを「楽しいところへ行きましょう!」と誘ったとします。あなたはその誘いに乗ってくれました。

車に乗り込んだあなたに僕は言います「場所が特定されると困るので目隠しをしてください」。
五感のうちの視覚を遮られたあなたは、残った四感を使って情報を得ようとしますが、どこへ向かっているのか見当もつきません。

僕は助手席のあなたに質問します。
「あなたはどこにいますか?」
あなたはこう答えるでしょう。
「どこにいるかわからない」

でもあなたは、本当は自分がどこにいるのかを知っています。その証拠にあなたは目隠しを取った瞬間に自分で答えを口にします。
あなたはこう言うでしょう。

「ここはどこ?」

ほらね。あなたは「どこ」にいるかわかっていないだけで、やっぱり「ここ」にいることを知っているんです。

2.あなたはいつも「ここ」にいる


いつもとは違う場所に宿泊して目を覚ましたとき、一瞬どこにいるのかわからなくなった経験があなたにも一度くらいあるでしょう。

「ここはどこ?」

このシンプルな質問は、よくよく考えるとちょっと不思議なんです。
「ここにいる。どこにいる?」と言っています。なんだか変ですね。

実は「ここはどこ?」の「ここ」と「どこ」はそれぞれ別の場所を指しているんです。そのため、あなたには「ここ」にいながら「どこ」にいるかわからないという現象が起こります。

あなたは住所はおろか、地名や方角すらわからないジャングルの奥地にいたとしても、自分が「ここ」にいると認識します。
もし、そこで遭難したら「”ここ”にいることをどうやって知らせよう?」と考えるでしょう。あなたは地球上のどこにいても、常に「ここ」にいるんです。

3.「ここ」と「どこ」の違い


あなたが真っ直ぐ前を見ると、自分の身体が見えなくなります。たとえ自分の身体が見えなくてもあなたは「ここ」にいると言い張ります。
あなたが山で遭難して、自分の居場所がどこかわからなくても、あなたは「ここ」にいると言い張ります。

「ここ」は身体が見えるとか見えないとか、身体がどこの場所にあるかとは無関係なんです。つまり身体のある場所が「ここ」なわけではありません。

答えを先に言ってしまいましょう。「ここはどこ?」のうち、「ここ」は意識のある場所、「どこ」は身体のある場所を指しています。

4.意識は常に在り続ける


意識を本籍。身体を現住所と考えるとわかりやすいかもしれません。

あなたの意識がある場所が本籍である「ここ」。あなたの身体がある場所が現住所である「どこ」です。
身体が「どこ」へ移動しても、意識は常に「ここ」にあります。

あなたは毎日同じ場所にはいないでしょう。部屋の中でトイレに行くことだって移動ですから、あなたの現住所である身体の位置はコロコロ変わります。
身体が置いてある場所は転々と位置を変える仮住まいなんです。

一方、本籍である意識は常に在り続けます。あなたが日本にいようと、アメリカにいようと、南極にいようと、飛行機や新幹線で高速移動しても意識が置いてけぼりになることはありません。

5.「あなたは永遠の存在」の意味


あなたにもやがてその身体を離れるときがきます。そうすると「どこ」という現住所を失ってしまいます。でも、本籍である「ここ」は身体とは無関係ですから、やはり在り続けることになります。

引き寄せの法則などで語られる「あなたは永遠の存在です」とはそういうことです。あなたのその身体すら仮住まいに過ぎないんです。

6.「ここ」とは結局、どこのこと?


「ここ」とは結局、どこのことなんでしょうか?
僕らは身体がある場所を「ここ」と言うし、この身体を「自分」と言いますが、それはこの仮住まいであるこの身体に意識が集中しているからです。
「ここ」とはつまり意識が集中しているところです。

身体への集中が解かれるとどうなるでしょう?
その状態を僕らは「意識が遠のく」とか「意識が薄れる」と表現します。
このことからもわかる通り、普段はこの身体に強く意識を集中させているんです。

7.あなたは何に意識を向けていますか?


引き寄せの法則でこんな表現を聞いたことはありませんか?
「意識を向けたものが引き寄せられる」

あなたは既に「自分」というものの引き寄せに成功しています。
でも自分に意識を集中させることに一生懸命になりすぎて、他のものや好きなものに意識を集中させていないかもしれません。

意識は特定の場所にあるのではありません。あなたがどこにいても「ここ」を認識できるように、意識はどこにでもありますし、何にでも向けることができます。
「ここ」とは、あなたが何に意識を向けているかを映し出すモニターなんです。僕らはそのモニターの映像を現実と見ています。

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、ちょっと元気をなくした人に響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。