人は「自分専用の価値観メガネ」を通して世界を見ている

シェアする

同じ時間に、同じ場所で、同じ映画を観ても、感想や印象に残ったシーンは人それぞれです。
人は、自分が見ている現実が本当の現実だと信じていますが、実際には「その人の価値観を通して見た現実」が見えています。
人それぞれが違う価値観を通して映画を観ていますから、どこに関心を置くかによって観る視点が異なるのです。
その感想も違ったものになるは当然ですね。

物事の見え方は人それぞれ


東日本大震災が起こったとき、当時の東京都知事であった石原慎太郎さんは「津波は天罰」と発言して、多くの人からバッシングを受けました。
多くの人の目に、東日本大震災とその後の津波は「悲劇的なこと」と映りましたが、石原慎太郎さんの目には確かに「天罰」と映ったのではないでしょうか。

ビデオカメラは目の前で起こった現実を、ありのままの現実として捉えることができますが、人はそうすることができません。
ビデオカメラのような機械と違い、人は価値観や感情を通してその現実を見るからです。
言ってみれば、それぞれが違う「自分専用の価値観メガネ」をかけて現実の世界を見ているわけです。

かけているメガネで世界の見え方も変わる


例えば、事故に遭ったという事実があったとします。
悲観的なメガネをかけた人は「事故に遭うなんて、なんてツイてないんだろう」と考えるでしょう。

楽観的なメガネをかけた人は「厄が落ちたかな?宝くじでも買おうか!」と考えるかもしれません。
同じ事実でも、その受け取り方は人によって異なるのです。

自分がどんなメガネをかけているか気付きましょう


あなたは、どんな価値観メガネをかけていますか?
レンズが汚れていて世界が良く見えない「手入れすればいいのにメガネ」をかけている人もいるでしょう。

レンズが黄色くて世界が明るく見える「ハッピーメガネ」をかけている人もいるでしょう。
レンズが黒くて世界が暗~く見える「ダークメガネ」をかけている人もいるでしょう。

やっぱり、せっかくなら世界が素敵に見えるメガネをかけておきたいですね。
現実が良く見えるように、いつもレンズを綺麗に磨いておきながら。

【みんな違う視点で世界を見ている】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。