【思考を観察する】適当に聞き流そう!垂れ流しの思考を止める「脳内ラジオの法則」

シェアする

あなたが生まれたときに脳内ラジオの放送がスタートしました。「こんな放送をしますよー」と番組表も見せてもらったはずなんですが、生まれたての小さなあなたにそんなことわかるわけありません。
しかも番組表を見せてもらったのはそのとき限り。あなたは何が放送されているかも知らないまま今も聴き続けています。

1.脳内ラジオという嘘ニュース専門の放送局


あなたが思考と思っているものは、あなたの思考ではありません。脳内ラジオが勝手に垂れ流している放送です。
あなたが生まれたとき一度だけ番組表を見せてもらっていますが、そこにはこんな番組名が書いてありました。
「嘘ニュースジャパン」とか「嘘ニュースステーション」とか。

そうとも知らず、あなたはその放送を今も真剣に聴き続けています。その放送内容はこんな具合です。
「彼氏に振られました。しかもラインもブロックされている状況です」
「貯金が底を尽きそうです。為す術がありません」
「その後、事態に進展はありません。最悪の状況が今後も続きそうです」
そんな「嘘のニュース」を真剣に聞き入っているあなたは、ついには感情移入までしてしまい「まずい!なんとかしなければ!」と解決法を探し続けています。
フェイクニュースを信じて行動してしまっているのです。

2.脳内ラジオはあなたの洗脳に成功している


この脳内ラジオは最初っから壊れています。
スイッチも切れない。電池も無くならない。しかも放送されているのは一局だけ。
あなたはその脳内ラジオを聴き続けた結果、それを「思考」と認識し、その思考の結果を「現実」だと信じて疑わなくなりました。生まれたときからその一局しか聴いていないので、放送内容を比べることもできないし、そもそも他の放送局があることも知りませんから無理もない話です。
脳内ラジオはあなたを洗脳することに成功したのです。

そのラジオから流れてくるニュースは大概ネガティブなものばかりです。たまに趣向を変えて音楽を流したりすることもありますが、それもまた眠る直前だとか余計なタイミングで流してくるので迷惑この上ありません。
眠る直前に「あの音楽が頭から離れない」っていう経験ありませんか?
それは垂れ流しの壊れたラジオのせいです。

3.脳内ラジオが嘘のニュースばかり流す理由


なぜ脳内ラジオはこんなにも嘘のニュースばかりを流し続けるんでしょうか。どうやら根本の原因はニュース原稿を書く段階にありそうです。
ニュースは次のような段階を経て書かれます。

「このようなことが起こった(過去)」

「その結果、今の状況はこうだ(現状)」

「そのため、このようなことが予測される(未来)」

一見するとどこも間違っていないように見えますが、現状の認識が間違っています。なぜならその根拠を過去に求めているからです。
「このようなことが起こったから、現状はこうなっている」という思考は、今のことを考えているように見せかけて、過去に思考を飛ばしてしまっています。過去と現在を関連付けている時点でそれはもう”現在”ではなく”過去ありきの現在”です。
本当の現在とは違うのです。

現状の認識が過去を根拠とした誤ったものであるなら、そこから想定される未来もまた誤ったものになります。さらには根拠となっている過去すらも、そのまた過去を根拠にしているので誤ったものになります。その結果、本当の「今ここ」とは関係のないどうでもいいニュースを垂れ流す原稿が出来上がってしまうのです。
脳内ラジオのニュースは「過去」「現在」「未来」についての見解を延々流し続けていますが、そのどれもが根拠を欠いた無意味な雑音でしかないのです。

4.脳内ラジオを聴かない方法


脳内ラジオの放送を真剣に聴いても得られるものはありません。真剣に聴けば聴くほど、あなたの現実は歪められていきます。そんなものは適当に「なんか言ってるなー」程度で聞き流しておけばいいのです。
脳内ラジオを止めることは至難の技です。瞑想することで一時的に止めることは出来ても、一切放送させないことは次元の違う境地に至らないと無理でしょう。
脳内ラジオを止めることは無理でも、適当に聞き流すなら悟りを開く必要はありませんし、誰でも出来ますからご心配なく。

ではその方法です。
まず、聞こえない振りをしたり、放送内容に反論したり、止めようとすることをやめます。
逆に脳内ラジオをあえて真剣に聴いてみてやろうという態度になってください。いつも勝手に湧き上がってはあなたをネガティブにさせる思考を「どれどれ。どんなことが湧いてくるかな?」という感じで観察してみます。

すると、あることに気付きます。いつもは勝手に湧いてくる思考が、あなたに観察された途端に湧きにくくなります。「いつもどんなこと考えてるっけ?えーと…」とわざわざいつもの思考を思い出そうとするぐらい湧いてきません。
つまり脳内ラジオは、あなたが思考を観察していないときを狙ってサブリミナルのように聴かせていたということです。この巧妙な戦略によってあなたは今までサブリミナル洗脳の餌食になっていました。

今まであなたは脳内ラジオの熱心なリスナーでした。あなたの立場が脳内ラジオの観察者になると、ラジオのボリュームが下がるのです。
最初は短い時間でいいですし、上手くできてるかな?と心配になることもあるかもしれませんが、続けていくうちにあなたはどんどん脳内ラジオを聞き流すことが上手くなっていきます。その無意味な放送内容に反応しないようになっていくのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

シェアする