【海外旅行】チョコレートを食べながらのんびりお散歩したい♡ベルギーでおすすめの観光地10選

シェアする

ベルギーの旅は中世の建物や素敵な運河、おいしいビールに甘~いチョコレートの印象をもたらします。この注目に値するヨーロッパの国には見るべきものがたくさんあります。
ここでは時間がゆっくり流れているように感じますし、ベルギーの人々は観光客を温かく迎えてくれます。
デザイナーのお店や魅力的な画廊のある現代的な都市から、美術館や地元の料理が楽しめる小石で舗装された街道に至るまで、ベルギーでのバカンスを楽しみたいと思っている皆さんが胸躍るような10選をどうぞ!

10.モンス


エノー州の州都であるモンスは荘厳な鐘楼の神秘的な鐘の音で知られていて、その音色は高さ80メートルの塔から鳴り響いています。曲がりくねった町の道を行けば、行く先々で様々な建築様式が組み合わされた名所を簡単に巡ることができます。
ゴシック様式のモンス市庁舎は人目を惹きますし、聖ウォードリュ参事会教会には16世紀の芸術家ジャック・デュ・ブルックの白く滑らかな彫刻の収集品があります。
もちろんゴッホの家はぜひ訪れてください。ここにはゴッホの作品のレプリカが展示されていますよ。

9.ディナン


この都市はナミュール州のきれいなムーズ川沿い、州都の南側65キロのところにあります。アンの洞窟とディナン洞窟は多くの観光客が訪れる自然の名所です。
これらの洞窟はヨーロッパで最も大きく美しい洞窟といわれており、地元の植物や動物でいっぱいの自然保護区の中にあります。
そんな自然も素敵なディナンですが、街のシンボルであるノートルダム教会も注目の観光地です。現在のものは大規模な地滑りの後に部分的に再建されており、街も一望できる城砦も同様に再建されています。
ディナンの教会や聖域のほとんどは事前に予約を入れておいた方が無難ですが、ボーレンの”黄金の心を持つ聖母”は毎日解放されていますよ。

8.ルーヴェン


世界で最も古いカトリック大学があるルーヴェンには人口10万人、うち約3万5千人が学生です。講義が行われているときには学生たちのおかげで街は活気に溢れています。
一見、どこまでも続くように見える道は興味を惹くお店や画廊でいっぱいですし、古い町並みが残る歴史的な区域には聖ペテロ教会や大ベギン会修道院があって、これらの建物にはカリヨンと呼ばれる鐘楼があります。
またルーヴェンのグローと市場もおすすめです。ここには市庁舎に隣接した素敵なレストランやカフェがありますよ。
ルーヴェンはブリュッセルの代わりとなる理想的な場所にあります。ベルギーの様々な地域を探索してみたいと思っている方には観光の拠点にもなるでしょう。

7.トゥルネー


フランスに隣接するトゥルネーの古風で素敵な地域社会は、トゥルネーよりも大きなベルギーの都市で感じた喧噪や雑踏をかき消してくれるくらいに素晴らしいものです。ここでは2,000年以上にもなる豊かな文化の歴史に触れることができます。
トゥルネーには5つの塔を持つゴシック及びルネサンス様式のノートルダム大聖堂がありますが、この教会は世界で最も美しい教会の一つに数えられています。
12世紀から13世紀にかけて建設されたこの教会には聖母の礼拝堂があり、芸術家のルーベンスやヨルダーンスの作品が所蔵されています。
257段の階段がある街の鐘楼はベルギー国内で最も古いもので、訪問者はここからトゥルネーのきれいな街並みを一望することができます。
また、トゥルネー美術館には古代から現代に至る芸術家の傑作が多数所蔵されています。ロベルト・カンピン、ピーテル・パウル・ルーベンス、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン、ゴッホの作品などがありますよ。

6.メヘレン

St. Rumbold’s Cathedral at Grote Markt. Mechelen, Belgium


この活気に満ちた街は他のベルギーの街がしているほどには積極的な観光誘致はしていません。しかし、実際のところメヘレンはベルギーで最も訪れたい街のひとつです。
メヘレンには大ベギン会修道院の見学からボートを使った川の観光に至るまで見たいものやしてみたいことがたくさんあります。
アントワープ港やこの素敵な街の全景を見るには、聖ロンバウツ教会にある巨大な塔の頂上に登ることがいちばんのおすすめです。
また、見逃してはならないのは荘厳な建物のカリヨン(組み鐘)の学校です。ここには世界中から学生が集まって組み鐘という複雑な楽器の演奏手法を学んでいます。

5.アルデンヌ


ベルギーへハイキングやサイクリング、キャンプを目的に訪問するなら多くの森や洞窟、岩壁を見ることができるアルデンヌの険しい丘を目指してみるといいでしょう。
ここには野生のイノシシやシカ、ヤマネコなどが住んでいて、たくさんの友好的な村々や多くのお城、いくつかの有名な観光地が揃っています。
是非とも訪れてみたい場所をいくつか挙げてみますと、印象深いアン・シュール・レッスの洞窟、ブイヨン城、そして現代のものであるバルヴォーの迷宮が挙げられます。
アルデンヌを観光するにはナミュールの街を拠点とすると良いでしょう。そのナミュールの街自体にも素敵な名所がいくつかありますよ。

4.アントワープ


アントワープは様々な顔を持つ街です。ブルッヘやヘントと比べると歴史的なものがよく保存されているとは言い難いのですが、アントワープの街は活気に満ちていて歴史と今日的な現代生活が巧みに融合された姿を見せてくれます。
美味しい料理、おいしいビール、そして素敵な時間を愛する人々にとっては、この街はアントワープ・ダイヤモンド・センターがあることでよく知られています。この地区では世界中のダイヤモンドの原石のうち70%以上が取引されています。
アントワープは芸術で溢れており、ルーベンスの家にはピーテル・パウル・ルーベンスのバロック様式の作品がありますし、プランタン・モレトゥス博物館は印刷業者、製本業者であったクリストフ・プランタンのかつての印刷所でした。
建築物の見学が好きな方には1351年に着工されたゴシック様式の聖母大聖堂と、バロック様式とゴシック様式が見事に組み合わされた聖パウロ教会をおすすめします。

3.ヘント


ベルギーいちばんの秘宝であるヘントは歴史の街です。中世の時代のヘントはヨーロッパで最も豊かで影響力のある都市のひとつでした。アルプス山脈の北側においてパリに次ぐ2番目の都市に数えられていた時期もあります。
教会の重厚な建物や裕福な商人の邸宅を見ればヘントの街の豊かな歴史がはっきりと見て取れます。
街の中心部は現代風に再建されましたが、それでもなお中世後期に繁栄した都市の雰囲気が醸し出されています。
この中世の雰囲気は古風で美しいグラスレイ湾、壮大な中世の教会、そしてフランドル伯居城から見て取ることができます。

2.ブリュッセル


興味を惹かれる様々な場所があることで知られているブリュッセルはベルギーの首都であり、恐らくベルギーを訪れる方のほとんどはこの街が観光のスタートとなるでしょう。ヨーロッパの機関の本部が多数ありますからブリュッセルはベルギーだけでなく、EUの事実上の首都ともいえます。
グラン=プラスは13世紀に造られ、この街の中心地として有名です。グラン=プラス沿いには多くのテラスカフェやパブがありますし、そのほかの名所として美しいゴシック様式の市庁舎などがあります。
街の中心部にあるガラス張り屋根のアーケード「ギャラリー・サン・チュベール」にはたくさんのお店、カフェ、映画館などが軒を連ねており、楽しいショッピングを満喫できますよ。

1.ブルッヘ


バイキングの魂と歴史が美しい運河のある街から溢れ出ています。この運河があるおかげでブルッヘはヨーロッパの北のベニスという称号を得ています。街の中心地の南側に位置するグロート・マーケット・スクエアには美しい中世の建物があります。
街の西側に目を向けるとネオゴシック様式の地方裁判所の建物を見ることができますし、とても目立つ鐘楼がグロート・マーケット・スクエアの北側にあります。
他にも見逃してはならない名所として壮観なグルーニング美術館や、1188年に建設された聖ヨハネ病院などがあります。

参照元10 Best Places to Visit in Belgium

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。


シェアする