【海外旅行】一度は行きたい!2018年版1人で旅してみたい国トップ10

シェアする

世界を旅してみたいという夢はいつも多くの人の心にありますよね。ナショナルジオグラフィックやディスカバリーチャンネルを少し視る程度ではやっぱり物足りません。魅力的な野生動物や田園地帯、冒険的な体験をすることのワクワク感は実際に世界を旅することによってのみ感じることができるのです。

Top 10 Best Countries To Travel To Alone In 2018では、安全性、文化、移動のしやすさ、そして一人旅の宿泊の利便性などの基準に基づいた2018年版一人旅にベストな旅行先の国々が紹介されていました。
アメリカと日本では他国に対する認識が異なる部分もありますが、アメリカ人がおすすめする一人で旅してみたい10の国々を見てみましょう。

インドネシアのバリ島


インドネシアのバリ島はここで紹介する国の中で最も旅費が安いです。快適な客室。三度の食事。2、3杯のビール。これらすべて込みで1日たったの25ドルです。宿泊施設や商品はどこに行っても安いですし、とりわけ北部に行けば安くなります。

スコットランド


ウイスキー、美しい景色、野生動物、そして心優しい人々が歓迎してくれる人気の国です。郊外を旅行すれば自然と触れ合ったり、雄大な景色を見たり、川下りを楽しんだり、キャンプしたりする機会に恵まれます。

イタリア


オリーブの木々、丘の上の街、広々とした海岸があるイタリアは最も人気のある旅行地の一つです。あり余るほどのワイン、ワインで調理されるバーベキューも忘れずに。イタリアの街は1年中いつでも多くの観光客であふれかえっています。

ベトナム


ベトナムの郊外やハノイの街は是非とも訪ねてみたい場所です。活気に満ちた光景、気のいい地元の人々、安く食べられる料理、中でもバンカンはぜひ食べてみるべきです(※ベトナム風のうどんのような麺料理)。ベトナムには手ごろな価格の色々なサービスがあります。タクシーについても数ブロックの移動に30ドルもかかる場合があるアメリカと比べると、その料金はわずか10ドル弱で済みます。

フランス


エッフェル塔を語らずしてフランスは語れませんね。夜のエッフェル塔からの眺めはフランスの最も素晴らしい眺めの一つです。塔に至る長蛇の列を避けて早めに旅行を手配しましょう。
カトリック教徒の方や歴史好きの皆さんはノートルダム大聖堂やその周辺地域に興味をそそられるでしょう。
ルーブル美術館では古代エジプトの猫のミイラも見学できます。またアンヴァリッドの軍事博物館には、あらゆる種類の武器が展示されていますよ。

南アフリカ


南アフリカで訪れたい主要な都市の一つがヨハネスブルグです。ヨハネスブルグは金の街として知られていて、これが買い物や娯楽など街の探索の中心になっています。
ヨハネスブルグからおよそ250マイル(約400km)離れたところに、アフリカで最も主要な禁猟地区の一つであるクルーガー国立公園があります。
※私の感覚では南アフリカ、特に記事の中に挙げられていたヨハネスブルグは非常に危険な都市というイメージがあって、まして一人旅など論外という感覚なんですが、アメリカではそれほど危険なイメージではないのでしょうか…。

タイ


皆さんバンコクについては話をしますが、他の街、例えばプーケットやチェンマイ、パタヤ、コ・イサム島そしてフィフィ島のことは忘れていますね。一人旅の際にはチェンマイには必ず訪れたいものです。
ここは仏教の由緒ある魅力にあふれた街で、13世紀に築かれた城壁やお堀がまだ残っています。

モロッコ


モロッコには様々な独特の魅力があって、それは歴史の本に書かれていることそのものの姿をしています。数頭のラクダから成るキャラバンを使ってサハラ砂漠を横断するのです。
砂漠を渡り終えたら今度は一人旅をして、例えばタンジェのマラバタ海岸(ヘラクレスの洞窟があります)などを訪れてみましょう。

トルコ


トルコはあらゆる方法でビジネスと娯楽を混ぜ合わせようとする国です。ここでは数百の複合型商業施設や美術館を見ることができます。
またカッパドキアでは数百の気球を見ることもできます。そしてトルコは最も安全な観光地の一つに数えられています。

ニュージーランド


ニュージーランドにあるフィヨルドを見たことはあるでしょうか。ここは数え切れない山々が全て1か所に集まっている場所です。世界中の旅行者はこの場所を”つながりを創る場所”と呼びます。
ニュージーランドはまるごと全てが別世界です。
人々は自らの社会的階級の区別を全く気にしないで自由に打ち解けて交流するのです。

参照元Top 10 Best Countries To Travel To Alone In 2018

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.

直島 章真(Naoshima Shoma)

引き寄せの法則に代表される思考の世界に出会って15年。 元々は「理論的に引き寄せの仕組みが納得できないなら始めたくない」というひねくれ者。 思考に思考を重ねてようやく辿りついた独自の理論による不思議で素敵な思考の世界に皆さんをご案内します。 引き寄せで悩んでいる人、心が疲れてしまった人、そんな人たちに響く言葉がきっとあるはず。そう信じて言葉を紡いでいます。