あなたを裏切った憎い人。
裏切ったとまではいかなくても、他人があなたの期待に応えてくれないことはたくさんあります。
怒ることは簡単だけれど、許すことは難しいですよね。

相手を許すと、自分が負けた気がしてしまう。
自分は傷付いた気持ちを引きずったまま生きていかなければならない。
なのに、相手は許してもらっていい気分。
そんなの平等じゃない、納得できない。

だから、相手にも痛みを味わってほしい。
そんな復讐を考える段階になってしまうと、あなたの心の傷は、かなり深くなっています。

復讐が動機となった殺人事件が、いかに多いかを想像すれば、その状態がどれだけ人の心を壊してしまうかわかるでしょう。
殺人を犯すほど極端ではないにしても、復讐ばかりを考えてしまう心は、ちゃんとケアしてあげなければなりません。

その方法はシンプルです。
怒りや憎しみの感情を捨てて、相手を許すことです。

言うだけなら簡単ですよね。
それが出来れば苦労しません。
それが出来ないから苦しいのです。

けれど、相手を許すことは、相手に得をさせるためではありません。
自分が得をするためです。

許すときは「相手のために許そう」などと思わなくてもいいのです。
憎い相手の顔が浮かんできて、余計に許せなくなるだけです。
「自分のために許そう」と思ってください。

人を許す方法のヒントとして、許したい人の笑顔を想像する。も合わせてお読みいただければ幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。