彼氏や彼女、夫や妻に対する不満。
お酒の席で多少誇張を入れながら、面白おかしく話したり、ついつい本気のトーンで話してしまう。
悪口はいけないとわかっていても、話せばスッキリするしやめられない。
そんな人は、ちょっと注意してください。

パートナーへの悪口は、裏を返せば自分への攻撃となります。
「そんな人を選んだ自分」
「そんな人としか結婚できなかった自分」
自分は気持ちよく話しているつもりでも、心の片隅の気付かないところで、そんな自分を傷つけてしまうのです。
自分はその程度の価値しかない、と言い聞かせているも同然です。

わざわざ自分の自信や価値を落とすようなことをして、自分を傷つけるのはやめましょう。
特にパートナーとの関係は、「その人を選んだのは自分」という前提があります。
赤の他人よりも深い関係を築こうと、あなたが決めた以上、あなたの選択の責任は大きいのでダメージも大きくなります。
人の悪口を言わないことがいちばんの解決策ですが、まずはパートナーの悪口をやめることから始めてみてください。

【パートナーの悪口をやめる】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。