他人の失敗や至らない面を、面白おかしく、ときには悪意を持って第三者に話す。
悪口を聞く場面はたくさんありますよね。

なるべく多くの人が共感するように、多少の脚色を加えたり、持論を加えたりしながら、その人がどれだけダメかを証明しようとする。
裏を返せば「それに比べて自分は優秀」ということを、他人に認めてもらおうとしているのです。

それに共感してもらえたら、自分の優秀さの証明となり自信に繋がっていきます。
それは「あの人よりはマシ」という程度でも構いません。
自分よりも、少しでも下の人を作ることが大切なのです。

おわかりかと思いますが、そうする理由はただ一つ。
自分に自信が無いからです。

悪口を言う人は、「自分より下の人間がいる」と確認することで、自信を持とうとします。
自分だけが思っていても証明にならないので、第三者に証人になってもらおうとするのです。
共感してもらうことに意味があるので、「その人のダメさ加減」を大袈裟に誇張する必要もあります。

自信のある人は、他人と比べることに意味がないことをよく知っています。
自分を測る物差しは自分の中にあり、他人という物差しは目盛りがバラバラであることがわかっているからです。

悪口を言わない人は、他人の失敗談ではなく、自分の失敗談を話してくれます。
ときに、「自分のダメさ加減」を大袈裟に誇張したりしながら、人を楽しませたり、勇気を与えるために、自ら恥をかいてくれるのです。

【他人の失敗談を話さず、自分の失敗談を話す】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。