毎日毎日、同じことの繰り返し。
刺激がなくて、何だかやる気が出ない 。

気分のいい日もあるけれど、楽しいことより悩み事が頭の中を支配していて、気分もスッキリしない。

そんな風に、気力が湧かないことは誰にだってあります。
そんな1日も、あなたの人生の1ページ。
「そんなことじゃダメだ!」なんて人に責められる筋合いはありません。

けれど、今日という日はニ度と来てはくれません。
長い人生の中でも一度きりの1日です。

人は、この瞬間も確実に死へと近付いています。
今日という日は、残りの人生で最も死から遠い日とも言えます。

明日の命が保証されていないのは、誰でも同じです。
人によって、年齢によって、確率が違うのは確かですが、明日がやって来ることは誰にとっても決定事項ではないのです。

だから、「明日も同じような日になって、その次の日も、またその次の日も」なんて、未来のことをつまらないと決めつけるのはやめましょう。

そんなこと、明日にならなければわかりません。
そして、その明日が来ないとしたら、そんなことは考えても意味がありません。

もちろん「昨日はあんな嫌なことがあった」と過去のことを思い出すなんて、時間の無駄です。

「一生懸命」ではなく、「一所懸命」です。
今日のことだけを考えてください。

一生懸命という言葉は、本来は一所懸命だったそうです。
つまらない一日が一生続くと思うからウンザリするのです。
「一つの所」、つまりは今日だけに懸命になればいいのです。

今日という日は一生続きません。
今日一日で終わりです。
たったの24時間です。
そして、明日は来ないかもしれないのです。

今日一日だけでいい。
二度と来ない今日を、丁寧に生きてください。

そして、明日が無事に来てくれたら、またその一日を一所懸命に生きてください。
今日のことは振り返らずに。

【まずは今日一日を丁寧に生きる。】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。