「普通そうだよね?」「こうするのが普通だよね?」
何かに納得していない様子が見て取れるこの言い方。
普通ってなんでしょうか。
そして、あなたの言う「普通」に根拠はありますか?

価値観はみんな違うけど、みんな間違いじゃない。」でお話した通り、人の価値観は千差万別です。
そして、全ての価値観が正しく、間違った価値観はありません。
そこには「違い」があるだけです。

あなたの普通や当たり前が、相手にとっても普通だとか、世間の常識とは限りません。
あなたの普通は、あなたの価値観が決めた常識、言わばマイルールだからです。

あなたが怒る原因は、実はとてもシンプル。」でお話したとおり、人が怒る理由はただ一つ「自分の思い通りにならなかったから」です。
簡単に言えば、あなたのマイルールに、相手が「反則」したときに起こります。

人は、自分の普通と他人の普通が違うことを理解しています。
シンプルに違うということだけを認識しておけばいいのですが、自分の「普通」に自信が無いので、もう一歩踏み込んで「どちらの普通が正しいか」を確かめたくなります。

「普通そうだよね?」「こうするのが普通だよね?」という冒頭の問いかけは、自分のマイルールが本当に「普通」かどうかを、第三者に確認してもらっているのです。
賛同してくれたら一安心。
自分のマイルールが正しいことの証拠が一つ出来上がるからです。

でも、ちょっと待ってください。
あなたのマイルールの正しさを、わざわざ第三者に確認する必要はありません。
正しいに決まっています。
それが、世間一般的に多数派か、少数派かだけのことです。

自分の周りにいる数人の人たちに、あなたの普通が世間の常識であると認めてもらったところで、どんな意味があるでしょう。
世界には何十億人もの人が生きているんですよ?

確かに常識とは「より多くの人が正しいと思っていること」です。
けれど、多数派が常に正しいわけでも、少数派が常に間違いなわけでもありません。

バラバラの意見を一つに集約する場面を考えてください。
学級会や職場の会議、わかりやすいところだと選挙もそうです。
そのときに取られる手段はなんですか?
そう、多数決です。

このとき、少数派の意見は間違いだったのでしょうか?
そんなことはありませんね。
満場一致ならメデタシメデタシですが、人が集まればそんなことはまずありません。

全員が納得する方法がないので、多数決という方法で納得してもらうしかないのです。
多数決は平等だからそうしているのではありません。
バラバラの意見を一つにするためには、それぐらいしか方法が無いから多数決にしているのです。

スポーツには、その競技に合わせたルールがあります。
競技の数だけ、違うルールがあるのです。
同じように、あなたのマイルールと他人のマイルールは違います。
人の数だけ、その人が決めたマイルールがあるのです。

野球のルールと、サーカーのルール。
どちらが「普通」ですか?
どちらが正しいですか?
比べても意味はありませんよね。
あなたと他人のマイルールも、比べることに意味はありません。

では、「普通のお店」「普通の人」「普通の人生」という場合はどうでしょう?
ここで言う「普通」は「平均的な」という意味になります。

「普通の人生は嫌だ」
はい、また出ましたよ「普通」が。
じゃあ普通の人生ってどんなものでしょうか?

「どこそこ市に住んでいる太郎さんは、普通の人生を送っています」
「なんちゃら市に住んでいる花子さんは、普通の人です」

太郎さんの人生は、良いことが普通の数だけあって、悪いことが普通の数だけあって、普通の身長で、普通の体重で、普通の顔で、普通の年収で、普通の学歴で、普通の…普通の…普通の…。
僕は、そんな太郎さんや花子さんに会ったことがありません。

何をもって普通と考えれば良いのでしょうか?
全人類の平均点を出すんですか?

やはり、これも自分がマイルールで決めるしかないのです。
あなたが自分の人生を普通だと思えば普通に。
特別だと思えば特別になります。

「普通」なんていう基準はそもそも存在しません。
ありもしない「普通」に振り回されてはいけないのです。

「普通じゃない」
人と違うことに不安を覚える気持ちもわかります。
けれど、歴史に名を残した偉人たちは「普通」や「常識」を打ち破った人たちです。
そろそろ「普通」やめませんか?

【普通というものは存在しない】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。