離婚の理由でよく聞かれる「価値観の違い」。
人間関係において大切なのはなんとなくわかるけど、そもそも価値観ってなんでしょうか?
価値観を平たく言えば「その人が大切にしていること」。
何を優先して生きているかということです。

自分が優先、家族が優先、お金が優先、仕事が優先、娯楽が優先…。
何を優先するかで、どう行動するかも自ずと決まっていきます。
例えば、家族や仕事を優先する人が娯楽を優先する友人に「2人で旅行に行こう」と誘われたとしましょう。
家族を優先する人は「その時間があるなら家族と旅行に行こう」と考えるでしょうし、仕事を優先する人は「仕事があるから行けないな」と考えるでしょう。

家族を置いて友人と2人で旅行に「行く」か「行かない」か。
その行動を「する」か「しない」か。
どちらかを選ばなければならないとき、そこには人それぞれの価値観による判断が行われているのです。

どう行動するか。
言い換えれば、そのときにそれを「する」か「しない」かが人生のページを作り上げていきます。
ですから、価値観は「どう生きるか」という生き方を決めているもの。
価値観は人生観とも言え、人生観とはその人そのものです。
だから、人の価値観は大切なのです。

【価値観は、その人そのもの】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。