笑顔の効果

過去を振り返ってみれば、当時はこの世の終わりかと思うほど悩んでいたことがあったでしょう。
過去の悩みは、今振り返ってみると「どうしてあんなことで悩んでいたんだろう?」と疑問に思うことが多々あります。
頭がいっぱいになり食欲も無くすほどの深い悩みも、今ではもう「懐かしいな」と思えるほど心に余裕を持って見ることができるものです。

ちょっと笑顔を作ってみない?

今、あなたを現在進行形で悩ませている不安も、後から振り返れば大したことでなくなる日がやって来ます。
そもそも思い出すことすら、ないかもしれません。

新しい自分は、未知の乗り物。では、新しい自分を前に進めるための方法を、ほんの少し勇気を出して「未知の乗り物のどれかのボタンを押してみる」と例えました。

もし、あなたが不安でいっぱいになって、笑顔を忘れているのなら、最初に押すボタンは「笑顔を作る」というのはどうでしょう?
アメリカ映画のヒーローは、ピンチのときほど「やれやれ参ったな」という具合にニヤリと笑顔を作ります。

笑顔の効果は科学的にも証明されている!

笑顔は人を安心させます。
誰も声を発しないピンと張り詰めた空気の中、誰かの一言でその場が和み、皆が一斉に笑顔になってホッとした経験、あなたにもありませんか?

それを自分にして、自分を安心させてあげるのです。
笑顔の効果はただの精神論ではなく、科学的にも証明されています。

今は、心の底から笑うことはできない。
それならそれで大丈夫です。
作り笑いだって立派な笑顔、ちゃんと効果があります。
細かいことは置いといて、先に笑顔を作っちゃいましょう。

いい笑顔のポイント!

笑顔を作ることが苦手な方に、ちょっとしたポイント。
笑顔というと、口角を上げることを意識しがちですが、それだと口元は笑っているけど目元は笑っていない不自然な笑顔になります。

ポイントは目のすぐ下、頬骨の筋肉を上げることです。
そうすると、自然と口角が上がりますし、目尻が下がって幸せそうな笑顔になりますよ。

【ピンチのときほど笑顔を作る】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学