相手がドナルドダックだと思えば、そんなに腹も立たない

相手に傷つけられた。
許せない!

そういうときに浮かんでくるのは、相手の嫌な面ばかり。
「相手の嫌な面のパンケーキ」がドンドン焼き上がっていって、あなたの心に積み重なっていく。
食べきれない、というか食べたくない。
飲み込みたくないから。

嫌な面には目を瞑って捨ててしまいたい。
でもどこに捨てればいいかわからない。

そうしている間にも、「相手の嫌な面のパンケーキ」がドンドン焼き上がって、
そんなネガティブな感情で、お腹いっぱいになってしまう。
相手を許せないことって、本当に辛いですよね。

嫌な面が連鎖反応で増えていく

引き金になった出来事があります。
その前に溜まっていた鬱憤もあるのかもしれません。
逆に、良い面ばかり見ていた落差かもしれません。
嫌なことが一つあると、連想ゲームのように次々と嫌な面のオンパレードになるものです。

相手を許そう、良い面に目を向けようと思っても、すぐに切り替えることは難しいですよね。
恋人の関係なら、どちらが折れて先に連絡するか意地になって音信不通の我慢比べ。
それとも、「別れ」という切り札を切って、一気に決着をつけてやろうかなんて思ったり。

プンプン怒っているドナルドダックを想像してみよう

ここで、ちょっと想像力を働かせてください。
許せなくなった出来事の自分目線の光景。
電話越しの相手の姿。
それを、思い浮かべてください。

では、その相手の姿をドナルドダックに置き換えてください。
「ポンッ!」という効果音と共に、相手がドナルドダックに変わります。
3、2、1、ポンッ!

「グワグワ、ガァガァ」とアヒル語でまくし立てるドナルドダック。
電話来ないかなぁって、スマホ片手に机をトントンしているドナルドダック。

そんな姿を想像すると、いい意味で「どうでもよく」なってきませんか?
気持ちの方向は少し変わるだけでいいんです。
なぁんだ、ドナルドダックが騒いでるだけか!

【気持ちの方向を変えるために、対象から目を逸らしてみる】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学