「自分を変える」ってなんだろう?

「自分を変えたい」「人生を変えたい」
きっと、多くの人が一度は思ったことがあるでしょう。

「もうちょっと痩せたいな~」とか「思い切ってイメチェンしようかな~」なんてことも、広義の「自分を変えたい」に含めると、
思ったことが無い人を探すのは難しそうです。

人生を変えるために自分を変える

自分が変われば、それに伴って人生も変わっていきます。
人生を変えたければ自分を変えろ、自分が変われば人生も変わるということですね。
まずは、人生を変えたいと思うなら、自分が変わる必要があることを覚えておきましょう。

自分を変えたいという言葉の中には、「より良く」という思いが込められています。
自分を”より良く”変えたい。
では、何をすれば”より良く”変わっていくのでしょうか?

自分を変えるとは、癖を変えるということ

何かを変えなければ、何も変わらないことはわかっている。
けど、一言で「自分を変える」と言っても、具体的に何をすればいいのかわからない。
心配しないで下さい。
それ「自分を変える」あるあるですから。

具体的に何を変えるかというと、一言で言えば「癖を変える」のです。
習慣を変えると言ってもいいのですが、癖には「習慣として身に付いた傾向やしぐさ」という意味があります。
「自分を変えるとは、癖や習慣を変えること」と定義しておけば大丈夫です。

染み付いた癖を「変える!」と決意しよう

癖と聞くと、貧乏ゆすりや足を組むといった身体的なものを連想しますが、「思考の癖」というものもあり、むしろそちらの方が重要です。
意識的にせよ、無意識的にせよ、人は選択肢があるときに自然と自分の好きな方を選んでいます。

自動販売機で飲み物を選ぶとき、服を選ぶとき、誰かに食事に誘われたとき。
いつも似たようなものを選び、似たような反応を返しています。

いつの間にか染み付いている”癖”を変えていくこと。
「変えたい」ではなく「変える」と決意すること。
それが、自分を変える第一歩です。

【染み付いた癖を変えると、自分が変わる】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ
にほんブログ村 人生・成功哲学